本当に好きな種類をみつけるために。

広く浅くから、狭く深くへ。

熱帯魚を選ぶポイント、なんて言ってしまいましたが、ここでは具体的な種類を示すよりも、もっと広い意味で解説してみたいと思います。

※具体的な種類を見たかったのに!という人のために、わかりやすく紹介している参考サイトを載せておきます。
熱帯魚飼育

熱帯魚の飼育を始めた頃というのは、とにかく手当たり次第に何でも飼ってみたくなるものです。産地もグループもサイズも水質も様々な熱帯魚がいくつかの水槽にひしめき合っている、という水槽は、初心者ならではの楽しみとも言えます。まずはこんな風に、何でも好きなものを飼ってみるのが良いと思います。

ひとしきり数百または数千種類の熱帯魚を飼育してみた頃に、今度はひとつのグループにのめり込んでくるようになります。それはコリドラスあったり、グラミーやリブリンスであったりしますが、やがてその中でも更に絞り込んでいって、いつしか得意分野を持つようになります。

コレクションの次にあるのは系統維持ですね。その種類の繁殖方法を確立し、同じ種類を産地ごとに血統を維持していく、ここまでくるともう初級レベルの飼育は卒業です。周りからは専門家と呼ばれているかもしれません。

熱帯魚ショップで売られている熱帯魚は、ショップでの状態さえ良ければそれほど飼育の難しい種類はほとんどいません。難しいと言われているチョコレートグラミーなんて、初心者の人がいきなり飼っても大丈夫なくらいです。

ショップでお目にかかれる難しい種類というと、せいぜいベタ・マクロストマとかアフリカンマッドフィッシュ、ヨツメウオ、ヘラチョウザメや淡水エイくらいでしょうか。もちろんこうした種類よりもはるかに飼育の難しい熱帯魚もたくさんいますし、それらはそれぞれ専門としている上級アクアリストが繁殖したペアを通販で入手することもできます。

いつかこうした種類を飼育してみたいというのであれば、できるだけたくさんの環境を作ってみることが重要です。ある水槽にはソイルを敷いて外部式フィルターを使い、またある水槽にはサンゴ砂を敷いて上部式フィルターを使い、またある水槽には砂と水草だけでフィルターを使わないで飼ってみたり、ということです。

これはどれから初めてもかまいません。初心者にとって、どれが易しく、どれが難しいということもありません。興味のおもむくままに、一番やってみたいことから始めるべきです。

アクアリウムを熱心に探求しているアクアリストの中にも、様々なネット上の飼育方法に振り回されている人もいれば、一般の熱帯魚ショップでは水槽に移した瞬間にショック死させてしまうような種類をばんばん繁殖させている小学生もいます。

これは才能の差ではありません。正しい飼育方法を見つけられるかどうかなのです。どうか信頼できるサイトや書籍を見極める目を養ってください。そして実際に自分で試してみたこと以外は信じないようにすべきです。道を切り開くヒントは、きっと熱帯魚たちが教えてくれるはずですから。